マンションとは?

マンションとは?

マンションと聞くと、大きくてキレイでセキュリティーが整っているというイメージですよね。また芸能人の多くがマンション住まい。といったところでしょうか。

やはりマンションはなんといってもセキュリティーが充実しているため、今や物騒な世の中たくさんの人が利用されているのではないでしょうか。

現代のマンションには温泉や、フィットネスクラブが付いてあるところもあり、マンションの住民ならこれを自由に使用することができます。

また隣人とのお付き合いも大事になってきますので、コミュニケーションをはかる場としても良いではないでしょうか。

そんなマンションですが、ここではマンションの形態やその仕組み、また構造について紹介したいと思います。

マンション

まずマンションは日本とアメリカなどの欧米とでは意味が違います。

日本ではマンションとは、アパートより比較的大きい規模の集合住宅のことをいいますが、欧米 アメリカではmansion (マンション)=豪邸 という意味を表します。

ですから日本のように当たり前のようにマンションに住めるわけではなく、豪邸なのでお金持ちしか住むことが出来ないのです。またロンドンでは共同住宅のことをマンションというそうです。

またアパートなどが小規模の賃貸というのに対し、マンションは一棟の建物の一部を一個人のものとして所有する権利があります。これはマンションの区分所有法で認められており、独立した所有権を持っているのです。

マンションの構造

ハイツやコーポなどはアパートに含まれ、それらは木造や軽鉄骨で構造されているのに対し、マンションは基本的に鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート、鉄骨などで作られています。よく工事現場などでグリグリの鉄の棒がいくつも使われているのを見たことはないでしょうか。それを鉄筋といい、その上からコンクリートで固めていくので鉄筋コンクリートといいます。この鉄筋を使っているおかげで、木造建築よりは丈夫なお家ができるのです。

マンションの形態

マンションはその形態を表すために1つの数字と3つのスペルを使います。

まず、3つの部屋とリビング、ダイニング、キッチンがあるお部屋を表すには、3LDKといった4つの文字を使います。これは、『3=部屋数、L=リビング、D=ダイニング、K=キッチン』という意味です。

その他に1Rといったものもありますが、これは『1=部屋数、R=ルーム』いわゆる、1つの部屋しかないという意味になります。キッチンやリビングに仕切りがなく、部屋全体が1つとなり、そこにキッチンがある状態をいいます。またトイレとお風呂は別にあります。

よく一人暮らしや学生さんの寮などに多いですよね。

 

2015/3/2 更新

不動産投資情報は[HOME.com]バナー

copyright(c) 2009 HOME.com. all rights reserved.